シーズンオフを狙った賃貸物件交渉術

シーズンオフを狙った賃貸物件交渉術

現在住んでいるアパートに不満を持つ方がよく悩む点が、転居にかかる費用です。実際に賃貸物件にかかる敷金や礼金などを含めた初期費用の多さは、とても高額ですし金額によっては数十万に達する事もあります。
ですが、引越しのシーズンを抑える事により初期費用を抑える可能性も生まれるのです。


賃貸業者が最も忙しいシーズンは、12月〜3月あたりです。

この時期は進学が決まった学生さんや、新しく就職する人などの新生活が始まる為、非常に忙しいのです。

したがって、これらの時期に転居しようとしても、物件の競争率が高くて入居もままなりません。

しかし、逆に言うとこれらのシーズン以外の時期に転居をする場合、安くしてもらう交渉を進めやすいのです。賃貸業者の多くは、オーナーさんの所有する物件を紹介しています。
引越しシーズンに入居を決められない場合、オーナーさんの不満が募ってしまう為、なんとか入居を決めたいケースが多いのです。転居希望者としては、これらの隙間を狙って交渉を進めます。


かかる諸費用には様々な項目がありますが、主として礼金を狙っていく事が成功率を高めてくれるでしょう。


礼金は賃借人にとってメリットがない費用ですので、積極的に抑えて行きたい費用だと言えます。また、管理費や家賃なども合わせて引き下げを行う事ができれば、文句なしの成果です。シーズンオフに放つ、「あとちょっと下げてくれたら入居したいんだけど」この単語に賃貸業者も心を動かされるはずです。

賃貸暮らしを長く続けていると、家族や友人から、そのままの暮らしを続けるのは無駄だ、とか勿体無い、と言われる事は珍しくなかったりします。
というのも何十年と家賃を支払い続けても、積み重ねにはならないので、引っ越しをすれば意味はないです。
ですが家賃を支払う金額で、住宅ローンを組んでマンションなり、一軒家なりを購入すれば、いずれは自分の財産にする事が出来ます。
確かにそういった点を考えれば、家賃を支払い続けるのは無駄だと言えます。ですが賃貸暮らしというのは、購入にはない利点もきちんと存在しているのです。


一番大きいのは、自由度が高く、臨機応変に対処し易い点という面です。


というのも会社勤めをしていると、ある日突然、会社から転勤を命じられる事は、特に珍しいケースではないです。
そうなった場合、マンションや一軒家を購入していると面倒だったりします。


暮らせなくなった家を売却したり、他人に貸し出す等の対応が必要になるからです。

ですがこれが賃貸暮らしならば、マンションの契約を打ち切って、新居に引っ越すだけで済みます。家が売れなかったり、借り手が見付からずに悩む必要はないです。


更に賃貸の利点は、ライフスタイルの変化にも素速く対応出来るという点も大きかったりします。


例えば独身時代に購入したマンションも、結婚して更に子供が生まれるとかなり手狭になるモノです。ですがもっと広い家に引っ越そうにも、ローンをきちんと返済出来る金額で売却せねばならず、なかなか売れなかったりします。


そういった際も、賃貸ならば契約を打ち切って、もっと広い家にスムーズに引っ越す事が可能です。

建設会社情報のお得な利用法をお教えします。

船橋市でリフォーム情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

人気の岐阜の一戸建てをあなたに紹介致します。

様々な分野の松戸でトイレ交換の情報検索をお役立てください。

東京の風呂のリフォームに関する有益な情報が満載です。

http://talk.m3q.jp/?topic_id=34&page=162

https://4meee.com/users/profile/918534

http://okwave.jp/qa/q8499529.html

    関連リンク

    • 一戸建てに掛ける火災保険について

      一戸建てを所有している方は、いざという時に備えて火災保険に加入しておく必要があります。一戸建ての火災保険は購入する時に加入する方が多いでしょう。...

      detail
    • 一戸建てとマンションの比較について

      マイホームの購入を検討したときに、一戸建てにするかマンションにするかは重要なテーマと言えるでしょう。予算が同じ場合には、両者を比較したときに都心部に近いことや駅からも近いという点を考えると、様々な立地条件からマンションのほうが利便性が高いと言えます。...

      detail